+ + CRESCENS + + 

Some notable things about her daily life.
突然の読書ブーム
気付いたらこのブログも2006年4月28日開設から既に10年経っていました。そんなに先まで書いているかなーと当時は疑問に思っていましたが、なんとか持っております。スマホからもっと簡単に下書きできると使用頻度がぐっと上がりそうなので、ちょっと勉強しようと思います。

4月に入ってから突如、ものすごく本(特に小説)が読みたくなりました。喉の渇きの如く、とにかく読みたくて仕方がない…ということで、最近の流行ものを少しずつ消化しています。主には通勤の移動時に読んでいますが、片道40分くらいあると毎日1時間ちょっと時間を費やせるので、平日のちょっとした楽しみになったりします。お昼休みを一人で過ごす場合もしかり。

ここ2〜3ヶ月程で読み漁ったもの:
・怒り 上下(吉田修一)
・少女(湊かなえ)
・望郷(湊かなえ)
・往復書簡(湊かなえ)
・悪の教典(貴志祐介)
・母性(湊かなえ)
・きいろいゾウ(西加奈子)
・夜行観覧車(湊かなえ)
・キリコについて(西加奈子)
・花の鎖(湊かなえ)
・64(ロクヨン)上下(横山秀夫)
・しづく(西加奈子)
・漁湾の肉子ちゃん(西加奈子)

映画なんかもそうですが、私は(自分の)日常とかけ離れたもの程好きなようで、デビュー作「告白」で一気に好きになった湊かなえさんの作品は次から次へと読みたくなりました。話に救いがあろうとなかろうと、現実では経験できないことをその作品を通じて疑似体験できるのがいいな、と思います。よく作品巻末のあとがきに「こんな温和な方があんな恐ろしい内容の小説を書くだなんて…」という趣旨の文言を見かけますが、逆に日常生活が平和だからこそ、そこから切り離した小説の世界では思いっきり冒険できるのでは、と思えるので、むしろ理解できる気がします。
 
印象に残ったものだけいくつか。

怒り(吉田修一)
面白くて一気に読んだものの、なんというか、最後がなんだかしっくりこない。タイトルにまで採用された「怒り」という感情、本書の犯人の「怒」という言葉の意味に結局のところあまり触れずに終わってしまっている。犯人の深層心理にあまり触れないまま結末を迎え、物語として失速した感じが否めない。正直、消化不良です。
「悪人」は逆にあの終わり方で良かったと思える反面、こちらはなんだか納得がいかない。この違いな何なのか…。

悪の教典(貴志祐介)
映画版はまだ見ていないので何ともいえないが、主演が伊藤英明ということは知っていたので、本の描写が脳内では常に彼の顔で再生されていた。いろいろと生徒の殺し方等はとてもグロテスクなのだが、不思議なことにあまり感情移入することなく、さらっと読んでしまった。

母性(湊かなえ)
多方面でとても反響があったといわれる本作。母親となった今、やはり自分にも何かしら思うところがある。この作品だったか、最後の方の解説に「信用できない語り手」についての説明があり(この作品のみならず湊氏の作品の語り手は大方信用できない語り手がほとんどだ)、この「母性」の母親は中でもとびきり信用できない、または理解できない点が多く、彼女が語る部分を読むのが苦痛であった(しかしそれは湊氏の書き方が絶妙であるという証拠なので、作品としては素晴らしいということである)。そしてついつい娘の語りの方が真実っぽく見えがちなのだが、最後のエピローグを読んで「やっぱりこいつ(娘)も信用できないな…」となった(ここの部分は曖昧に設定されており、娘の語る通りに本当に物語が進んだのか、はたまたこれは娘の「こうであったらいいな」という夢の中の話なのかは不明で読者にその解釈を委ねられているが、私は主に後者と解釈している)。故にこの話は「告白」と同様に救いのない終わり方をしていると感じるし、「告白」と同様、湊かなえの傑作のひとつだとも思える。

きいろいゾウ(西加奈子)
上述の「信用できない語り手」というのはいろんな方が使われる手法で、この作品も同じく「信用できない語り手」2名で構成された作品。最初はツマさん(妻)がファンタジーな人なんだな、と思いながら彼女の話をその後のムコさん(夫)の話と照らし合わせて進んでいくのだが、徐々にムコさんの過去に触れていくと「あれ、この人の話って…あまり客観的じゃない?」となり、またムコさんの話の中にツマさんの語りには出てこない部分がいくつかあり(ツマさんが夫の日記を読んでいるらしい、という点など。結局真実は分からず)、何が真実かは曖昧なまま、結局収束していく感じ。ムコさんツマさんの暮らしぶりがかなりはっきりと描写されており、都会の慌ただしい生活を日々送っている人間からすると、その暮らし方に憧れないこともない。

64(ロクヨン)(横山秀夫)
本屋で見かけて、久しぶりに刑事モノを読もうか、ということと、ちょうど映画化されてて話題にあがっていたということで読了。刑事モノではあるが、警察内部のことにもっと焦点を当てた作品だったので新鮮だった。

漁港の肉子ちゃん(西加奈子)
「キリコについて」もそうですが、西加奈子さんの魅力・テイストってこういうところなんだな、とはっきり捉えられた作品。彼女の作品の中では今のところこちらが一番好きです。気になる点といえば、語り手(きくりん)がまだ「大人」になる前の小学校5年生(11歳?)であり、いくら本好きで頭がいいとしても、ここまで大人っぽい口調になるものだろうか?というところか。


今は小説あさりもひと段落し、がらっと趣向を変えて「金融リスク管理を変えた10大事件」(藤井健司)という仕事柄の本を読んでいます。実は小太郎がお腹の中にいたころに購入していながらも、すっかり忘れ去られており、最近本棚からひょっこり出てきた…ということで読んでおります。自分が金融の世界に入った2007年は、入行して数ヶ月後にはサブプライムローン問題が勃発し、そこからリーマンショックに繋がり、そのあたりの事件がよく分からないままに過ぎていったので、それ+過去の金融業界の事故等をおさらいするための本です。
 
| yumemix | INPUT (Books) | 12:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
SHOP CARD MANIA
会社帰りに代官山の蔦屋書店(TSUYTAYA)に行きました。
デザインコーナーでこの本を発見。PIEBOOKSより販売中です。

以前からちょくちょく訪れていた【こちらのサイト】(このブログのブックマークにもあります)と同じところなのか、それとも全く別物なのか、実は分かっていません…。

ショップカードってそのお店の個性がはっきり出るので、特に美味しいレストランのものは積極的に集めています。和食のお店に行く頻度が高いので、ショップカードというよりはお店の大将の名刺だったりしますが…。

| yumemix | INPUT (Books) | 00:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
『向日葵の咲かない夏』 by 道尾秀介

どうやら最近のカップヌードルのCMのおかげで、【Virtual Insanityの記事】にたどり着かれる方が多い模様。このPV、いつ見てもかっこいいですよね!アイディアが素晴らしい。

さて、自分の中でまた読書の波が訪れ、いくつか立て続けに読んでおります。
『向日葵の咲かない夏』は、書店に「注目度No.1のミステリー作家」という文句で並ばれていたため、ちょっとした気まぐれで読んでみることにしました。東野圭吾以外も読みたいし、ということで…。

本書は非常に巧妙な構成になっておりますが、おそらく内容については好き嫌いが分かれます。集中すれば一日で読めてしまう量ですが、最初の鬱展開な内容故に物語の序盤を進めるのに非常に時間がかかってしまいました。序盤を終わらせる前に、違う本を一冊読み終えてしまったほど。

【考察サイト(ネタばれ注意!)】
上記のサイトに本書のトリックが書き記されていました。緻密な伏線や、大掛かりな仕掛けはこちらに大体まとめてあります。引用箇所を後々読み返してみるのもいいでしょう。その代わり、思いっきりネタばれですので、本書を未読の方は遠慮したほうがいいです。

本書の内容に関していうと…なかなか救いようのない展開。世も末だ…と言いたくなるような内容に対し、あくまでも小説だからここまでエキセントリックに書けるのだ、と信じたいところです。こうなってしまったのは、やはり両親の責任なのだろう…と思えてならない。

小説という制限の中、いかに読者をあざむき、驚かせるか。東野圭吾は「名探偵の掟」でそれを真正面から問いていたと思いますが、この本はその問いに対する一つの可能性なのかな、と思います。本作品が非常に面白かったので、彼の他の作品も読んでみようと思います。

| yumemix | INPUT (Books) | 00:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
森薫の作品が面白い

「エマ」も「シャーリー」も「乙嫁語り」も大好きです。特に「乙嫁語り」は面白いです。森氏の絵は素晴らしいですね。エマの作品を通して、画力が大幅に良くなっていることが伺えます。

「乙嫁語り」は設定自体が珍しいので、今後の展開に大きく期待しています。
| yumemix | INPUT (Books) | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
『天体戦士サンレッド』 by くぼたまこと
大好きな漫画。現在7巻まで出ています。アニメも毎週見ています。

高校を卒業して帰国した際、初めて住んだのは神奈川県の梶ヶ谷近辺でした。溝の口は梶ヶ谷の隣駅で、頻繁に遊びに行っていた場所です。また、渡米してしまう前(私が生まれて間もない頃)に住んでいた場所でもあり、個人的に何かと思い入れのある場所です。今でもたまに訪れます。駅周辺の工事はいつ終わるんでしょう…?

そんなことはさておき、この漫画は溝の口が舞台というだけで既に関心が高かったのですが、ヴァンプ将軍のいい主婦っぷりにはホント脱帽です。内容はあってないようなものですが(笑)、疲れている時にはこれ位のくだらなさがちょうどいいのかもしれません。
| yumemix | INPUT (Books) | 00:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
『犯人に告ぐ』 by 雫井脩介
『犯人に告ぐ』を読了!
脱東野圭吾、ということで映画にもなった本作品を読んでみました。
Wikipediaによるあらすじは、本誌の出来事を5割程説明しちゃっていますが、もっと細かいディテールがところどころにちりばめられています。以下、ネタバレ注意。
結論からいえば、終始話に入り込めない残念作。\茲療験が読めてしまう、⊆膺邑の巻島以外のキャラクターにさほど魅力がない(作品の中で活きてない)、A澗療な構成が悪い、という辛口評価です。
\茲療験が読めてしまう、▲ャラクターの魅力不足
,鉢△和疹絡むので一緒に書いてしまいます。この物語、伏線らしきものはすべて読み取れてしまう書き方をされています。例えば「チョンボ」や津田の存在、物語における関わり方。この2人は特に象徴的でしたが、それ以外でも各キャラクターにはそれぞれ役割があり、巻島を取り巻きながら各々はその「役割」をこなしていますが、それ以上の存在には決してなりえず、故に魅力もなければ先もあっさり読めてしまう展開になっています。これは筆者のスタイルかもしれませんが、筆者の手にも追えない程キャラクターが活躍するくらいになれば、また違った作品になっていたはずです。しいていえば意外だったのが、犯人のキャラクター像が全く見えないまま逮捕に至り、結局この犯人の深層心理がよく分からないまま物語が終わりを向かえます。
9柔問題
全体的に構成が悪いと思います。物語の本筋を肉付けするためか、登場人物の背景説明のために脱線することが多く、この脱線がまた非常に長いのです。脱線してまで細かく説明した以上、本筋のクライマックス・エンディングにうまく繋がることを期待していましたが、それに反してかなりあっさりした終わり方だったので肩透かしを喰らった気分です。
植草・ニュースライブをはめる部分は展開としてもスピーディーで面白かったけれど、物語の中で一番クライマックスぽい部分になってしまったためか、その後は失速する一方でした。一番ひどい点は、結局この物語の犯人はどういう意図でどういうつもりで犯行に及んだのか、全く説明なく終わったところです。筆者はこの物語においてどこを一番重点にしたのか、よく分からない形で構成されているため、読み終わっても何もすっきりしません。

設定が少し普通の刑事ものミステリーと違うだけで、それ以上に不満の残る作品でした。こんなに「(時間を使って)読んで損した」と思える作品も久々です。
| yumemix | INPUT (Books) | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
『黒笑小説』 by 東野圭吾
気付いたらあっという間に1週間過ぎてますね。とりあえず元気に仕事してます。

『黒笑小説』を読了!
本屋に立ち寄り、衝動買いした1冊。「ブラックユーモア」をそのまま和訳して「黒笑」と題した短編集。サーッと読み進めたため、細かく読み取ったりなどはしていませんが、可もなく不可もなく…といったところでしょうか。短編だと構成を作り上げるだけの長さがなくてなかなか難しいんだと思います。東野圭吾の一番の良さは物語の構成(の複雑さなど)にあると思うので、長編ものの方がいいのかな。いずれにせよ、一旦違う作家の作品を読むべき時がきた気がします。
| yumemix | INPUT (Books) | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
『同級生』 by 東野圭吾
自分の中で東野祭りが開催中のようだ。『同級生』を読了!
なかなか計算された構成。主人公と共に自分の身に振りかかった事件を解決していくのがストーリーの大筋だが、この主人公がなかなかの曲者。少なくとも物語の前半までは、なかなか感情移入が出来ない。設定が「高校生」だからとか、そういった理由ではなく、もっと深いところで共感し難いものを持っている。読み終えればそれも理解できるが、東野氏の計算の一つなのであろう。
とはいえ、一般的な物語の主人公にある「成長」を見出せるからこそ、ラストは意外とすっきりとエンディングを迎える。昔の東野氏の典型的なスタイルなのか、どうも最近の作品に読み慣れた状態で彼の昔の作品に手を出すと、どこか物足りなさを感じてしまう。手軽に購入できる文庫本だけでなく、最近の作品ももっと集中的に読むべきなのかもしれない。

ちなみに何人かに誤解を与えてしまったようだが、【昨日読み終えた『宿命』】は決して嫌いだった訳ではない。感想がそっけない文章だったのは、この2週間の疲れの表れなのであり…個人的に『宿命』は『同級生』以上に楽しめた作品だった。東野氏は学園ものよりはそれより上の年代の登場人物がメインの作品の方がしっくりくるからかもしれない。
| yumemix | INPUT (Books) | 22:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
『宿命』 by 東野圭吾
久々の東野氏の作品。「宿命」を読了!
東野氏の作品なら何でもいいやと思って本屋に立ち寄り、この作品の帯に書いてあった「『秘密』『白夜行』『幻夜』へとつながる東野作品の原点」という一言につられて購入。「秘密」や「幻夜」はかなり腹立たしい思いをしただけに、この作品にも同じものを感じる覚悟で挑んでみたが、意外にもすんなりと落ち着いてエンディングを迎えてしまった。逆に拍子抜けしてしまった、というのが正直なところ。初期の作品だからかもしれないが、話の流れは比較的シンプルで、あまり入り組んだ構成ではなかった。
また、東野作品には御馴染みとなりつつある特定専門領域。この話の中にも医療における特定分野について触れている。この頃からそういったスタイルを確立していったようで、そういう意味では確かに先ほど述べた作品に繋がる原点といえる作品のようだ。
| yumemix | INPUT (Books) | 01:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
『ハチミツとクローバー』 by 羽海野チカ
ちょっと今更ですが『ハチミツとクローバー』を読了!片思いという甘酸っぱい青春であふれている作品。3巻以降は特に作品の方向性が決まった形でどんどん面白くなります。

私のお気に入りは4巻に出てくる花火大会のワンシーン。花火大会といえば浴衣。恋する乙女、山田あゆみは頑張ります。そして意中の相手、真山が到着後、山田の浴衣姿に対して何気なく言ったひと言、『山田、ユカタ似あうな。』その後に続く下記山田の独唱が、この作品の中で一番好きです。

そのたったひと言がききたくて
髪を結って 
キモノを選んで 
大騒ぎして 
着付けして
慣れない下駄を履いて
……
ドキドキして
他の誰でもなく
あなたのそのひと言のために願いを込めて
ほんの少しでも
少しだけでも
あなたの心が私にかたむいてくれないかって――

どうして私は夢をみてしまうんだろう
くり返し
くり返し
あきもせず
バカのひとつ覚えみたいに


うーん、甘酸っぱい★山田あゆみは作品通して一番好きなキャラクターでした。

花火大会といえば、大学1年の時のことを思い出します。そう、ハチクロの皆々同様に私にも甘酸っぱい時代がありました。まだ相方とは只のサークル同期だった頃、すっっっっっっごい勇気を振り絞って「花火大会、一緒に行かない?」と誘った覚えが。それに対し、華麗に
『いいね、みんなで行こう!
とスルーされたことを、私は一生忘れません。
| yumemix | INPUT (Books) | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

このページの先頭へ