+ + CRESCENS + + 

Some notable things about her daily life.
<< L.A. Noire その後 | main | 囃shiya @ Ginza >>
マルタのやさしい刺繍
気付いたらアクセスが10万超えていました。ありがとうございます。昔と比べてすっかり牛歩並みの更新速度となってしまいましたが、それでもちょくちょく続けていこうと思います。

昨年末の飛行機内での映画鑑賞の流れで、いろんなものを見ようと心掛けています。特に日米以外のものも積極的に見ていきたいですね。

★マルタのやさしい刺繍 (洋画名:Die Herbstzeitlosen)

2007年にスイスで公開された映画。日本でも「大阪ヨーロッパ映画祭」にて上映されていたようです。全体で90分とそんなに長くなく、ほんのりと涙する場面もありつつ、全体的に前向きで楽しめる良作でした♪
原題の「Die Herbstzeitlosen」はイヌサフランという花の名前で、花言葉は「悔いなき青春・頑固」なんだそう。

■あらすじ(日本語公式HPより抜粋)
スイスの小さな村、トループ村に住む80歳のマルタは、最愛の夫に先立たれ生きる気力をなくし、意気消沈しながら毎日をただ何となく過ごしていた。そんなある日、彼女は忘れかけていた若かりし頃の夢、“自分でデザインして刺繍をした、ランジェリー・ショップをオープンさせること”を思い出す。しかし保守的な村では、マルタの夢はただ周りから冷笑され軽蔑されるだけ。それでもマルタは友人3人とともに夢を現実のものとするために動き出す。
スイスの伝統的な小さな村に広がる、夢に向かって頑張るマルタと彼女を支える仲間たちの夢と希望の輪。マルタの刺繍が、人々の心をやさしくあたたかく紡いでゆく―。

ちなみに上の写真だとマルタが一番右の人(緑のコート)みたいに見えますが、左から2番目(ピンクの鞄)の方です。この白髪のおばあちゃん。
ランジェリーは小さな田舎の村では破廉恥扱いされてしまいますが、「人の見えないところでのお洒落」って女性なら誰しもが考える点なのでは。下着に限らず、映画の途中で彼女が刺繍する村の旗もなかなか素敵でした。

物語はマルタのみならず、友人3人の人生にも触れます。マルタに真っ先に応援する者、「無理よ」と言い放ちながらも途中から心打たれて手助し始める者。様々な想いが交差するところも見物です。とりわけこの4人の行動はなかなか可愛くて、がんばれー!と応援したくなります。


| yumemix | INPUT (Movies) | 22:16 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://notes.crescens.secret.jp/trackback/1300221
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

このページの先頭へ