+ + CRESCENS + + 

Some notable things about her daily life.
<< Berlin: 2012.09.08 | main | Berlin: 2012.09.09&12 >>
辛口性格診断
時系列は逆ですが、昨年のクリスマスイヴはまたしても明日館に。結婚1年目・2年目の夫婦(今年に限って言えば、5年目・10年目の夫婦も応募対象に入っていました)を再度明日館に招待する、という企画に応募したところ、今年も抽選に当たり、素敵なランチを頂きました。運良くくじびきにも当たり、可愛いグッズも頂いちゃいました。冬限定のものですが、お友達等を招待した時に使えそうです。


さて、話題をガラッと変えて、時々やりたくなる性格診断。
巷でよく当たると評判の性格診断をやってみました。

お時間がある場合は精度重視版を試してみるとより具体的な結果に繋がりますヨ。

私はINFP『人生の意味を追い求める者』だそうです。

心の調和を大切にし、自分の価値観にあった生き方を追求する理想主義者です。
想像力豊かで偏見がなく、好奇心旺盛。洞察力に優れ、長い目で物事を見ることができます。夢や理想に懸命に取り組むほか、芸術や新しい概念に惹かれます。

ものごとを一気にやり遂げる傾向があり、自分が打ち込んでいる事に深く集中し、大きな成果をあげます。また言葉で語るより、文章で表現するのが得意です。日々の雑用なども柔軟に対処しますが、あまり意味が感じられない決まりきった作業は嫌いです。

一人で静かに過ごし、じっくり考えたいと思っています。また控えめで、自分の気持を打ち明ける相手を慎重に選びます。そのため時に冷淡に見えますが、本当は誠意があり、とても思いやり深い人間です。

人の感情を敏感に感じ取って心から共感し、相手の事を深く理解しようとします。表面上のつきあいは好きではありませんが、自分の価値観を時間をかけて理解してくれる人は、宝物のように大切にします。

どちらかというと無口で穏や。人を支配したり威圧したいとは考えません。所有物や物理的な環境にも、あまり関心を払いません。ところが自分の理想や信念が脅かされると、とたんに周囲に合わせることを止めます。そして普段は考えられないぐらい激しく、自らの価値判断を訴えかけます。

INFP
の理想に向かって努力する所は美点ですが、問題もあります。
理想を追い求めるあまり、時に実現不可能なほど高い目標を自分に課してしまいます。その結果、無力感と激しいストレスに襲われる事があります。また感受性が強いので、相手が批判的に言ったつもりでない事にも傷つきます。そして相手と話し合いをする事なく、怒りと悲しみを自分の中に押し込み、その人とはつき合わないようにして処理してしまいます。

◆以下の状況で、動揺したり嫌悪感を覚えます
・思いやりに欠けると言われたり、自分の動機が疑われ怒りっぽいと見られた時。
・人間関係のあり方を疑われた時。

◆不満を感じると、次のような行動を起こします
・普段とうってかわって、自分の気持や考えを言葉に表せなくなる
・周囲の人や状況との接触をやめる
・自分の大切な価値観について、他者に話そうとしなくなる

◆大きなストレスを感じると・・・
自分や他者の能力を真剣に疑い始め、過度に批判的になったり、ものごとを決めつけて考える事があります。

16種類の性格のうち、人口に占める割合(アメリカの統計)
4〜5%

◆アドバイス
具体的、かつ論理的で批評的な分析は、問題解決にとても役立ちます。
また人間関係を理想化しすぎないように注意しましょう。

◆反対の性格型
ESTJ 『責任を果たす人』

↑この最後の部分(反対の性格)、まるで私が責任を果たさない人、みたいに見えますね(笑)

それはさておき、読み返してみてかなり当たっているなぁと思います。特に「不満を感じた時の行動」や、「(傷付くと)怒り・悲しみを自分の中に押し込んでその人と付き合わなくなったりする」という部分など…身に覚えがありすぎる。自分の価値観を脅かす者、心の調和を乱す存在からは潔くフェイドアウトする(そうすることである程度自分の精神を保っているんでしょう)ので、自分の考えを話す機会がどんどん減っているような気もします。

なので、こんな面倒な自分を理解してくれる親友は、本当に一生の宝だと思っています。

| yumemix | DAILY (Diary) | 00:59 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://notes.crescens.secret.jp/trackback/1300259
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

このページの先頭へ