+ + CRESCENS + + 

Some notable things about her daily life.
<< 台湾日記五日目 〜小休憩に占いでも〜 | main | 台湾日記七日目 >>
All Saint's Day
今日は台北のMRT(地下鉄)やバスに乗って動き回りました。


が、その話は明日に回し、少しは昨日のHalloween及び今日のAll Saint's Dayにまつわる豆知識でも書こうと思います。


本日(11月1日)は、キリスト教の諸聖人の日(万聖説)です。
英語で「All Saint's Day」といいます。
その前日である10月31日に行われる伝統行事が「Halloween」です。

「All Saint's Day」は、旧称「All Hallows」といい、Halloweenはその前日
にあたるので「All Hallows Eve」「Halloween」と略されるようになりました。

Halloweenの起源はもともと2000年以上も前のケルト人の宗教的な行事、
収穫感謝祭がキリスト教に取り入れられたものです。
ケルト人の1年の終わり(日本でいう大晦日)は10月31日に当たり、
この日の夜は1年で最も日が短いことから、霊界と人間界の境界が
一番近づく日だと信じられてきました。
そのために10月31日の夜は人間界に霊が降りてくる日とされたのだそうです。

Halloweenでは前年に亡くなった家族が訪ねてきたり、精霊や魔女などが
人間界に紛れ込む日と信じられてきました。
ケルト人はそんな存在から身を守るために仮面をかぶったり、
魔除けの焚き火をしていたそうです。
これらが仮装やジャックランタンの由来となりました。


【Jack o' Lantern(ジャックランタン)】
正確にはJack of Lanternです。
悪魔をだました男Jackが、生前の悪い行いのために天国にも地獄にも行けず、
罰としてカブの上に灯りをともしたチョウチンを持って一生暗い道を
さ迷い歩くことになった、という話が起源みたいです。

ここに出てくるカブのチョウチンは一種の魔除けとして使われていましたが、
このチョウチンの習慣がアメリカに渡った際にカブよりカボチャのほうが
適している…ということで段々とカボチャが使われるようになったのだそうです。


【Will o' Whisp(ウィル・オ・ウィスプ)】
イギリスの妖精の名前。
こちらもジャックランタン同様に悪さをしたウィルという男性が暗闇を
永遠にさまようことになり、その悲劇の顔が時々ぼんやりと浮かぶ、というもの。
日本でいう鬼火及び人魂です。

ジャックランタンの別名であるという説や、洗礼を受ける前に亡くなって
しまった子供の魂である説や、いろいろあってどれが本当かは怪しいところ。


【Trick or Treat!】
「お菓子をくれないと悪戯しちゃうぞ!」という意味。
最近では子供たちが仮装し、家々を回って「Trick or Treat!」といい、
各家の大人たちは「Happy Halloween!」と返してお菓子を渡します。
時々お菓子だけでなく歯ブラシをくれる家もありました。
私も子供時代はずいぶんお菓子や歯ブラシをもらいに回りました。
(ちなみに高校生になってもお菓子をもらっていました…♪)
11月はいつもおやつに困らなかったです。

この習慣ができたのはわりと最近(40年ほど前)で、「Halloweenは
仮装をする」という習慣がパーティー的なものへ発展した際に
現代のような習慣へと変わっていったみたいです。


(参考資料:某ゲーム及び個人的経験と知識)
| yumemix | DAILY (Notes) | 21:38 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://notes.crescens.secret.jp/trackback/307882
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

このページの先頭へ