+ + CRESCENS + + 

Some notable things about her daily life.
<< Uchiyatei La Place du Vin @ Nogizaka | main | iPhone 緊張感 MUSIC >>
『ハチミツとクローバー』 by 羽海野チカ
ちょっと今更ですが『ハチミツとクローバー』を読了!片思いという甘酸っぱい青春であふれている作品。3巻以降は特に作品の方向性が決まった形でどんどん面白くなります。

私のお気に入りは4巻に出てくる花火大会のワンシーン。花火大会といえば浴衣。恋する乙女、山田あゆみは頑張ります。そして意中の相手、真山が到着後、山田の浴衣姿に対して何気なく言ったひと言、『山田、ユカタ似あうな。』その後に続く下記山田の独唱が、この作品の中で一番好きです。

そのたったひと言がききたくて
髪を結って 
キモノを選んで 
大騒ぎして 
着付けして
慣れない下駄を履いて
……
ドキドキして
他の誰でもなく
あなたのそのひと言のために願いを込めて
ほんの少しでも
少しだけでも
あなたの心が私にかたむいてくれないかって――

どうして私は夢をみてしまうんだろう
くり返し
くり返し
あきもせず
バカのひとつ覚えみたいに


うーん、甘酸っぱい★山田あゆみは作品通して一番好きなキャラクターでした。

花火大会といえば、大学1年の時のことを思い出します。そう、ハチクロの皆々同様に私にも甘酸っぱい時代がありました。まだ相方とは只のサークル同期だった頃、すっっっっっっごい勇気を振り絞って「花火大会、一緒に行かない?」と誘った覚えが。それに対し、華麗に
『いいね、みんなで行こう!
とスルーされたことを、私は一生忘れません。
| yumemix | INPUT (Books) | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://notes.crescens.secret.jp/trackback/881972
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

このページの先頭へ