+ + CRESCENS + + 

Some notable things about her daily life.
<< 『宿命』 by 東野圭吾 | main | Manuel 丸の内 @Marunouchi >>
『同級生』 by 東野圭吾
自分の中で東野祭りが開催中のようだ。『同級生』を読了!
なかなか計算された構成。主人公と共に自分の身に振りかかった事件を解決していくのがストーリーの大筋だが、この主人公がなかなかの曲者。少なくとも物語の前半までは、なかなか感情移入が出来ない。設定が「高校生」だからとか、そういった理由ではなく、もっと深いところで共感し難いものを持っている。読み終えればそれも理解できるが、東野氏の計算の一つなのであろう。
とはいえ、一般的な物語の主人公にある「成長」を見出せるからこそ、ラストは意外とすっきりとエンディングを迎える。昔の東野氏の典型的なスタイルなのか、どうも最近の作品に読み慣れた状態で彼の昔の作品に手を出すと、どこか物足りなさを感じてしまう。手軽に購入できる文庫本だけでなく、最近の作品ももっと集中的に読むべきなのかもしれない。

ちなみに何人かに誤解を与えてしまったようだが、【昨日読み終えた『宿命』】は決して嫌いだった訳ではない。感想がそっけない文章だったのは、この2週間の疲れの表れなのであり…個人的に『宿命』は『同級生』以上に楽しめた作品だった。東野氏は学園ものよりはそれより上の年代の登場人物がメインの作品の方がしっくりくるからかもしれない。
| yumemix | INPUT (Books) | 22:34 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://notes.crescens.secret.jp/trackback/952536
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

このページの先頭へ