+ + CRESCENS + + 

Some notable things about her daily life.
パプリカ Paprika

会社から帰ってきた後に映画を見ようとすると、どうしても眠くなってしまい、たった90分の本作もまともに見るのに3晩も費やしてしまった…。

そんなわけで、先週「パプリカ」を見ました。以下、ネタばれ含みます。

ストーリー(Wikipediaより):
パプリカ/千葉敦子は、時田浩作の発明した夢を共有する装置DCミニを使用するサイコセラピスト。ある日、そのDCミニが研究所から盗まれてしまい、それ を悪用して他人の夢に強制介入し、悪夢を見せ精神を崩壊させる事件が発生するようになる。一体、犯人の正体は? 目的は? そしてこの終わり無き悪夢から抜け出す方法は…?

筒井康隆の小説が原作であり、故・今敏がアニメ映像化したものです。夢と現実の世界が、時々交差するように描かれており、視聴者もその難解な世界観に引き込まれてしまう、そんな作品に仕上がっています。夢の世界となると現実ではできないいろんな描写が描けるため、パプリカがどういうふうに動き回るのか、それを追うだけでも十分楽しめます。オープニングから結構飛ばしていますね。


作品を通して、アンチテーゼが多く描かれていました。夢の世界の行進・パレードが精神の崩壊を象徴していたり、ヒロイン(パプリカ)が実在していなかったり、ヒロイン(敦子)にとってのヒーロー(時田)がヒーローっぽい容姿じゃなかったり。モノクロな敦子とカラフルなパプリカが、性格含め対照的に描かれている点も印象的でした。

90分にいろいろ詰め込んだためか、ラスボス対戦があっさり過ぎるというか、ストーリー全体の複雑なところと比べて少し物足りなさを感じてしまいました。また、恋愛にあまり軸をおいていないせいか、敦子が時田と結婚した、というところがどうしてもいきなりな感じがしてしまう。でもパプリカである敦子が求める相手というのは、パプリカのようなヒーローっぽいヒーローではなく、彼女が明らかにもっていない才能を持つ時田のような存在なのかなぁ、と無理やり納得してみたりしました。

夢の世界という意味では、クリストファー・ノーランの「インセプション」と似た匂いを感じる作品です。次見るべきはインセプションかしら。
| yumemix | INPUT (Movies) | 01:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
Following

【ストーリー】
作家志望のビルは、創作のヒントを得るため、通りすがりの人々の跡をつける行為を繰り返していた。ある日、いつものように男の跡をつけていたところ、尾行していることがその男、コッブにばれてしまう。だが、コッブもまた、他人の私生活を覗き見てスリルを得るために、留守宅への侵入を繰り返していたのだ。家宅侵入のコツを教わり、創造意欲を刺激されたビルは、コッブの自信に満ちた行動に感化されてゆく。そして、数日後、ビルはコッブと2人で侵入したアパートで見た写真の女に興味を抱き、彼女の跡をつけ始める。しかし、その日を境に彼は思わぬ事件に巻き込まれていく…。


『Memento』でも有名な、クリストファー・ノーランの初・長編作品。『Memento』の前身作と言ってもおかしくないほど、複雑に時間軸を交差させた作品に仕上がっています。パズルのピースのように次々とシーンが飛び出してくるので、常に視聴者の記憶力・集中力が試されます。

カラーではなく、敢えて白黒作品に仕上げることで、無駄な要素を排除し、大事なもの・本当に見せないといけない部分をしっかり見せています。70分とかなり短めですが、本当に無駄なシーンが一切なく、非常にいい作品にまとまっていました。監督・脚本・制作・撮影・編集を全部一人でこなしたノーランは、やはりすごい…。

作中で一番印象に残ったのは、Cobbの台詞の数々。
「盗まれて本当にその物の真価がわかる」
「日記と同じように宝箱だって、秘密だけど誰かに見てもらいたいんだ」
など、かなり真理に近いことを語っています。そういった鋭い観察力・洞察力を持っているからこそのエンディングなんだ、と納得がいきます。

映画において、頭をフル回転させる作品が一番好きだったりします。
今度は「インセプション」も見てみようっと。

| yumemix | INPUT (Movies) | 03:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
『告白』 by 湊かなえ
少し前に文庫本化され、今月頭に公開された映画を昨晩見に行きました。結論から言うと、久々に原作も映画もどちらも楽しめました。そういう作品は『Death Note』以来かもれません。

原作は語り口調で進むため、何人か語り手を替えつつさくさくと展開、衝撃的な展開が印象に残る作品でした。内容は終始ダークで救いようのないものですが、割と客観的に読み進められました。自分が中学生でもなければ、中学生の子供を持つ親でもないため、感情移入できるキャラクターがいなかったのだと思います。

内容をすべて把握した上で見に行った映画。
松たか子、木村佳乃、岡田将生、その他37人の生徒達。娘を殺された森口悠子の役はなかなか難しいものだったと思います。また、生徒の中では犯人A役を演じていた人は特にいい演技をしていました。

個人的な感想ですが、この映画の特徴は_山擇鉢∪爾砲△襪抜兇犬泙靴拭
RADIOHEADの主題歌もいいですが、作中に挿入されているあらゆる音楽はそのシーンの特徴を捉えるものばかりでした。これらはすべて、一番最後のシーンをさらに際立たせるためでしょう。

上述の犯人A役の役者さんもそうですが、木村佳乃もいい声を出していました。この映画の、救いようのない展開を象徴する、地獄のような声。

音楽や声といった、小説・本ではどうしても表現出来ない部分でこの作品を印象付けたところが、この映画の評価できる最大の点だと思います。無駄なシーンは一切ない、終始張り詰めた2時間でした。

| yumemix | INPUT (Movies) | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
AVATAR


相方の誕生日。おめでとう★

その記念すべき日に事前予約して「AVATAR」を見に行きました。専用メガネを着用した上での奥行き深き映像。よく遊園地でこういう系のメガネつけるアトラクションってありますよね、そんな感じです。元々眼鏡を着用している相方いわく、「メガネonメガネは若干暗い」そう。

さて、肝心の映画の感想。率直に言うと、非常に面白かったです。久々に1エンターテインメントとして楽しめました。見に行く前までは、「鬱になった」とか、「人間が嫌になった」など、決してポジティブじゃない反応があがっていた点が気になっていました。でもいざ見てみると、鬱になるのは単に考えすぎてしまうからではないだろうか…と思いました(個人的な感想にすぎません)。

扱っているテーマはアイデンティティ・クライシス(自己認識の危機)、資源争奪、戦争、恋愛、民族…と多岐に渡ります。どれも他の映画や本等でよく取り上げられているものばかりで、それを上手に3時間の映画に収めた、というべきでしょうか。資源争奪は今に始まったものじゃないし、映画の中で描写される人類の残酷な行動は、ここ数百年の我々人類の歴史において何度も繰り返されてきていることばかりです。

私からすると、「シンドラーのリスト」とかのほうが心理学的によっぽど重たいし、真剣に考えさせられるものだと思います。「シンドラーのリスト」は私の中では3本の指に入るお気に入りの映画です。

脱線しましたがAVATARに戻って…。さすが米国の一般向け映画であって、ちゃんと綺麗なエンディングが用意されていますし、『悪(人類)』がその後どうなったかについては「知ったこっちゃない」といわんばかりの放置プレイで The End。3時間の中に伏線もしっかり盛り込んでいますし、(ゲームでいうところの)フラグも結構立っていました。また、映画自体、3Dという新技術を搭載することで、しっかり話題作りも出来ています。なかなかうまく出来た作品でした。

まだ見ていない方は、是非映画館で見ることをお奨めします。

| yumemix | INPUT (Movies) | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
TRAFFIC
2000年末に公開された、スティーブン・ソダーバーグ監督の群集劇。カリフォルニア、ワシントンD.C.、メキシコの3つの舞台を、『麻薬』という巨大なアンダーグラウンド・ルートが交差する。その年度のアカデミー賞4部門において掻っ攫っていった秀作。「Traffic」というタイトルは、初め『交差点』という意味でいろんなところで『麻薬』という共通点が交差し合うのかと思っていたが、そもそも「Traffic」という言葉自体が「売買取引」、「不正取引」という意味も持っており、後者の意味合いの方がしっくり来る。いずれにせよ、「Traffic」という言葉一つで作品をうまく表している。

この映画のベースは、1989年にイギリスで製作されたミニシリーズ「Traffik」なのだそう。既に映画公開から9年程経っているものの、現代アメリカのドラッグ戦争を巧みに描いている点は一見の価値あり。先述通り、基本的に3本柱構成となっていて、それぞれのストーリーが随所で入れ替わる。
★メキシコの2大麻薬カルテルに対し取締を試みる麻薬取締官ハヴィエルの話(ベニシオ・デル・トロ)
★ワシントンD.C.で麻薬取り締まりの長官に新たに任命されたロバート・ウェイクフィールド元裁判官の話(マイケル・ダグラス)
★裏で麻薬を扱って逮捕された夫のため、未知の世界に足を踏み込んだ有閑マダム・ヘレナの話(キャサリン・ジタ・ジョーンズ)

各柱は、個別にとってもしっかりとしたストーリーになっている。特に興味深いのがウェイクフィールドの娘、キャロライン(エリカ・クリステンセン)の話。麻薬取締の最高権威の父を持ちながら、そして学年で3位という秀才でありながらも、徐々に麻薬に溺れていくという皮肉な設定となっており、非常に印象深かった。

以下、個人的な感想。

★ウェイクフィールドの話は、英米文学でよくテーマとして扱われる『American Dream』を匂わせる。麻薬取締の最高権威に登りつめたこと(但し長官に至るまでの経緯は描かれていないため、いきなりAmerican Dreamを獲得したことになる)(American Dream獲得)。一方で転落していく娘、その娘との確執、娘の逃亡などの問題に直面する(American Dream維持の困難)。全国放送のインタビューを前に、ようやく『長官になっても自分の娘一人救うことが出来ていない』事実に気付く(American Dream崩壊)。長官を辞任(American Dream放棄)し、娘のリハビリに家族全員で励むことで家庭てを失わずに済む。American Dreamの裏には『手に入れても幸せになれない』という皮肉な設定が含まれるが、ウェイクフィールドの場合にもそれは上手く当てはまっている。

★ ヘレナの話もなかなか型にハマった設定だ。彼女は何も知らない(Innocence)状態から、急に夫の本当の姿を知ることになる。『無邪気で無知な少女のままではいられない』という文学の世界で見られる典型的な「女性の成長」(Realization)過程が、この映画でも麻薬という非常に腹黒いモノによって変わっていくから皮肉なものだ。麻薬という彼女自身肯定したくないものを認めないと、彼女の望む生活が手に入らない。腹をくくってヒットマンを飛ばしたり、自らメキシコに渡った際の彼女は最早以前のヘレナではない。キャサリン・ジタ・ジョーンズはそんな決して綺麗でない役を、上手く演じていたと思う。

★個人的にはハヴィエルの存在がこの映画の中で最も印象に残る。感情をあまり表に出さないため、視聴者はこの一匹狼な彼の視線からこの麻薬のTrafficを体感できる設定になっている。とはいえ、ハヴィエルも明確な意思は持っており、それはアメリカのFBIとの取引(@プール)、締めくくりのシーンで見るハヴィエルの近所で子供達が夜に野球をやっているシーンで垣間見ることが出来る。デル・トロは「いろいろ見た人・経験した人」の役を演じるのに非常に適した顔をしている(のちに彼が出演した「21 grams」でも同じように思える)。

★上の画像にもあるように、この映画のサブタイトルは「No one gets away clean(誰もタダでは済まない)」であり、麻薬に関わった人々はみんな何かしら失う運命にある。それは職種であったり、相棒であったり、無知さであったり、命であったり、多種多様だ。悲観的に見るならば、ハヴィエルももしかしたら映画の最後のシーンの後、(裏切りの代償として)カルテル組織に暗殺される運命にあるのかもしれない。
| yumemix | INPUT (Movies) | 01:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
『東京物語』
しかし今月の投稿状況は稀にみる酷さだ。物理的にブログを書く時間がない訳ではないが、書きたい内容は積みあがるばかりで、落ち着いて話をまとめる時間を確保するのに苦戦中。昔から時間の使い方は決して得意な方ではない。最近の娯楽は専ら映画観賞とゲームで、この比重が大きいせいもある。

小津安二郎の名監督作、「東京物語」を観た。白黒映画をまともに観たのは初めてかもしれない。1953年の作品ということは、ちょうど私の父親が生まれた年に当たる。そんな頃から既に日本が核家族化することを予想するかのように作られた作品。調べてみたところ、キャストもかなり豪華な顔ぶれだった模様。父親(周吉)役の笠智衆、母親(とみ)役の東山千栄子、長女(志げ)役の杉村春子、亡き次男の妻(紀子)役の原節子、特にいい味を出していた。小津作品ではお馴染みらしい、ローアングルの多用がまた印象的であった。詳しくはWikipediaをご参照あれ。
Wikipedia 東京物語

この映画の最も伝えたい部分は、最後の方で交わされる紀子と次女・京子、及び紀子と周吉の会話に詰まっている。
母親の葬式にも関わらず、兄姉達が直ぐに帰京してしまったり、志げが母親の形見を追求する態度に怒りと悲しみを表す京子。「親子ってそんな(素っ気無い)もんじゃないと思うわ」という京子の言葉に対し、紀子は優しく諭す。
「でも子供って大きくなるとだんだん親から離れていくもんじゃないかしら。お姉様ぐらいになると もうお父様お母様とは別の、お姉様だけの生活ってものがあるのよ。お姉様だって、決して悪気であんな事なすったんじゃないと思うの。誰だってみんな自分の生活が一番大事になってくるのよ。」
それまでただひたすら映画を見ていると、「お兄さん、素っ気無いなぁ」とか、「お姉さんのこの言葉、ひどいなぁ」とか、上京旅行する両親が可哀相に思えるシーンが何度も現れるし、私も実際ずっとそう思いながらこのシーンを迎えた。京子の、核家族化している自分の東京の兄弟達の態度に苛立ちを隠せない様子は、私含め視聴者の大半の純粋な気持ちを反映している。それに対する紀子の言葉はもっと高い視点で物事を把握しており、「決して悪気で(志げが)あんな事なすったんじゃないと思うの」と、小津がおそらくこの映画を通して伝えたかったことの一つを代弁している。紀子さんみたいに大人になれる人が果たして本当にいるのか?あまりいないからこそ、大きな皮肉なのでは、と捉えることが出来ると思う。

こうして観ていると、昔の作品の方が何か強く訴えるものがあるように思える。ハリウッド映画でみるようなド派手なドンパチ騒ぎは、観る者に対しある程度の刺激を与えるが、逆に繊細さに欠ける上、「(結局)何を伝えたいのか」という部分が曖昧になる傾向がある。私がここ数年の間に観賞したアメリカ映画において、特にメッセージ性が強いと思った作品は、北南米の麻薬問題にスポットを当てた「Traffic」という映画だ。近々、またこの作品を観たいと思う。
| yumemix | INPUT (Movies) | 23:48 | comments(4) | trackbacks(0) |
『The Conversation』
最近、週末には必ず映画を観ています。以前書いた、ツタヤの思惑通りに!
「The Godfather」のシリーズを今週末終わらせる予定(Part IとIIは観ましたが、結局Part IIIも観ることにしました)です。同じくコッポラ監督の作品ということで、先週末は『The Conversation』を観ました。最近の映画にあまり魅力を感じなくなってきたせいか、こういう昔の映画を観る方が楽しいと感じます。この作品はGene Hackmanの他に「The Godfather」でも御馴染みのJohn CazaleやRobert Duvall、さらには若かりし頃のHarrison Fordも出演。あらすじは端折ります、すみません。

何よりもコッポラによる巧みなストーリー構成に一番惹かれます。「The Godfather」のような派手さはないけれど、「The Godfather」よりももっと身近で人間臭いものを感じれる作品です。エンディングに向けたクライマックスなんかは、旨いこと主人公の心理描写、精神が崩壊する様子を彼の部屋を使って表しています。主人公の住むアパート自体非常に象徴的な存在で、扉にある鍵(主人公の心理状態、他人に対する心の鍵)や本棚のマリア像(最後の救いの神、その中に入っていたのは「無」)など、あらゆるところでsymbolicなものがちらついていました。

得点映像の中にあるDirector's Cutでは、コッポラ及び出演者やスタッフがいかにしてこの作品を創り上げたかが出ています。コッポラ曰く、この作品を通して「人生においてどうしようもないこと、虚無感など、いろんな感情に対する一つのヒントになれば」と話していた。この作品自体いろんな矛盾で成り立っているので、「(矛盾だらけ、つまりは嘘だらけの世の中。そんな世界では人は純粋過ぎても生きていけない」ことを物語っている気がしてなりませんでした。う〜ん、さすが!
| yumemix | INPUT (Movies) | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
『The Green Mile』
しかしデカいなぁ…
久々に映画を見ました。先程までフジで放送していたStephen King原作の「The Green Mile。」アメリカの映画らしく「悪には制裁を」的な部分あり。他方で、死刑囚John Coffeyのように優しすぎて罪のない人間も死んでしまう運命もある。Coffeyの一番の罪は、生き続けることを放棄してしまったこと、Paulの罪はCoffeyを死なせてしまったこと。舞台は1935年のことだけど、現代社会にも未だによく見られる、やるせない状況やシーンがたくさん登場。死ぬべきでない人達が毎日、真相も知られずに死んで行きます。それを感動的に、そして印象的に描いた作品でした。

しいて言うならば、主人公Paulが過去の話をし終わってからラストまでの一連をもっとコンパクトにすれば良かったのでは。Mr. Jinglesのシーンがやたら長く感じてしまい、クライマックスであった死刑シーンの感動が段々薄れてしまった模様。ラストのPaulの台詞をもっと際立たせるためにも、もう一工夫欲しかったです。

そんな映画を、一人でたこ焼きをわんさか焼きながら見ていました。たこ焼きわんさか、涙もわんさか。
| yumemix | INPUT (Movies) | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
『時をかける少女』 2006アニメ版
全く生産的でなかったこの週末ですが、唯一生産的に行ったのは『時をかける少女』の映画を見たことでしょう。去年公開された、アニメ版の方です。

『時をかける少女』はもとは筒井康隆氏によるSF小説で、のちに原田知世主演で映画にもなりました。映画になったのはちょうど私が生まれた1983年fで、2006年にはアニメとして再び映画シーンに出てきたそうです。アニメは原作の約20年後を舞台としていて、原作の映画化ではなく、どちらかといえば派生作品に近いものです。でも原作の主人公であった芳山和子も出てくるので、原作を知っている人にとってはより楽しめる作品になっていることでしょう。見なきゃ。

主題歌・挿入歌(奥華子の「ガーネット」、「変わらないもの」)を先に聴いていたこともあり、映画の途中で流れていた時には涙が止まらなくなりました(すでに作品の内容のために泣いていた、ともいいますが…)。
時をこえた恋ってやっぱりちょっと切ないなぁ。先が見えない長距離恋愛くらいに果てしないイメージです。主人公があの絵に関わっている限り、いつかどこかで会えるだろう…くらいの不確かさ。ちょうどドラゴンボールでいう、「未来から来たトランクス」の話を思い出しますが、主人公が再び千昭に出逢う時というのは、タイムリープが当たり前になっている世界とは限らないんですよね(主人公のいる世界で何をするかによって、千昭が本来いる未来はいくらでも変わるので)。千昭に再び出逢うのがそう遠くない未来であって欲しいな。
| yumemix | INPUT (Movies) | 23:59 | comments(2) | trackbacks(0) |
『夕凪の街 桜の国』 7月28日から映画公開!
以前、【ここの記事にて】『夕凪の街 桜の国』の漫画本を紹介しました。今でも手に取って読みふけり、そして読む度に涙が止まらない作品です。でもただ悲しいだけでなく、その話にちゃんと未来があることが分かっているからこそ、何度でも手にしてしまうのでしょう。この薄い1冊の中に数え切れない程の伏線や絶妙な描写に相変わらず感動します。
今月の28日から、映画が公開されます。私の好きな女優、麻生久美子が出るそうです。皆実のイメージにぴったり。とにかく楽しみです。公開初日にみられる様、頑張ります。

『夕凪の街 桜の国』 映画公式HP
| yumemix | INPUT (Movies) | 02:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

このページの先頭へ